先輩社員の声 – 大阪本社営業部2課 吉田 英美

2011年入社
大阪本社営業部2課
吉田 英美
  • 8:30出社
  • 10:00
    商談 得意先Aへのカタログ提案。
    (1年ごとにリニューアルする得意先Aのカタログに、テラモト商品を掲載していただけるように新商品のPRや廃番商品の案内などを行なう)
  • 12:00帰社
    急ぎの見積依頼がないかをチェックした後昼食へ
  • 13:00訪問
    得意先B(物流センターにて自社・他社商品の動向をチェックしながら整頓作業
  • 14:00商談
    得意先C(新商品のPR・拡販のお願い)
  • 16:00商談
    ユーザー廻り(D高校にて新校舎へのアプローチ)
  • 17:00帰社
    D高校(新校舎)への提案書作成。メールチェック、見積書作成
  • 19:30退社

私は業種をメーカーに絞り就職活動をしていました。その中でも、販売した商品が日常生活の中で目に付くような商材を取り扱っているメーカーに就きたいと考え、総合環境美化用品メーカーであるテラモトに興味を持ちました。
yoshi1
yoshi2
入社をしてからは、さまざまな研修を受け担当を持つこととなります。はじめはとても不安でしたが、教育担当者にしっかりとサポートしていただけるので安心して前に進むことができました。
 入社から5年が経ち、現在は担当得意先の営業活動の他に新築物件へのアプローチを行なっています。新築物件のおもしろいところは、1からのスタートであることです。図面を確認し、テラモト商品では何を必要としていただけるのかを考え提案をします。その後、ユーザー様と商談を重ね、商品の再選定や設置場所を細かく決めていきます。確定後、問題なくスムーズに納品できるように段取りすることも営業の大切な仕事です。
このように商品・サービス共に「テラモトにしてよかった」と言ってもらうため、ユーザー様に対し最善を尽くします。後日、その現場を通った時に自分自身が提案した商品が並んでいるのを見ることが、やりがいとなっています。