刈り取った草木をもっと楽に集めたい!

植物の活動も活発になり、草木もグングン伸びる季節になりました。緑が増えて気分爽快! と言っているうちに雑草が伸び放題・・・。
ただでさえ大変な草刈の後に、刈った草を集めて捨てなければなりません。これはめんどくさいですよね。 そこであの製品が! そうです、ちりとり「捨楽」が大活躍するんです。
枯れ葉の季節だけではありません。新緑の季節だってお任せください。 刈り取った雑草などをちりとりとして直接ゴミ袋へ入れられて、作業がラクラク!
お庭の手入れ時には傍に置いておけば、「移動が楽な簡易ゴミ箱」としても使えます。
洋式カップ


ちりとり捨楽、ちりとり捨楽スリムの使用状況を動画で見てみましょう。



 


ちりとり捨楽
庭掃除や道路掃除をすると落ち葉などいろいろなゴミが集まります。そんなごみをごみ袋に直接入れてしまうのが”ちりとり捨楽”なんです。たくさんの落ち葉を取り込める大サイズと移動しながら手軽に掃除ができる小サイズがあります。
テレビや雑誌でおなじみのちりとり捨楽。 袋の取り付け、ごみの掃き込み、袋の取り外しを行ってみます。



 


ちりとり捨楽スリム 手さげビニール袋を付ける
ちりとり捨楽にもっと小さな袋を取り付けたい、普通のちりとりの感覚で階段なども掃除が出来たらいいのに・・・。捨楽ユーザー様の声を反映させて頂きました!ちりとり捨楽スリムタイプの登場です。ご家庭で余っているレジ袋なども使えて更に便利になりました。
レジ袋など手さげタイプのレジ袋をちりとり捨楽に取り付けてみます。



 


   

ちりとり捨楽スリム 20リットルタイプのゴミ袋を付ける
ちりとり捨楽スリムに、20リットルタイプのゴミ袋を取り付けてみます。

 

 


   

ちりとり捨楽スリム ゴミの掃き取り
落ち葉などのゴミを実際に掃き取ってみます。



 


   

ちりとり捨楽スリム 袋の取り外し
ゴミの溜まった袋を取り外してみます。