人体への影響が少なく、安全性の高い消毒剤です。アルコール濃度が80%前後のものは消毒効果が高く「消毒用エタノール」と呼ばれ、医療目的などに使われます。

「エタノール」は国際化学命名法の名称、「エチルアルコール」は慣用名です。

特徴
・人体への毒性、皮膚刺激性が少ない。
・即効性・速乾性があるが、効果は持続しない。
・傷口・粘膜などへの使用は刺激が強いため適さない。
・可燃性がある。

【消毒用エタノールの効力と適用範囲】

菌・ウィルスに対する効力 適用範囲


















*


*


*



*





○:有効
△:十分な効果が得られないこともある
×:無効
※黄色ブドウ球菌、MRSAなど
○:使用可
△:注意して使用
×:使用不可

※黄色ブドウ球菌、MRSAなど

医歯薬出版(株)「殺菌・消毒マニュアル」を参考