ごみを減らす方法を標語にしたもの。リデュース、リユース、リサイクルという3つの方法を優先順位の高い順に並べています。

リデュース
(Reduce)
リユース
(Reuse)
リサイクル
(Recycle)
発生を抑制 繰り返し使う 資源として再利用
【例】
使い捨て製品の使用を見直し、ごみの量を減らす。

(割り箸・紙タオルの使用をやめる)

【例】
配送などに使う容器を繰り返し何度も使えるものにする。

(通い箱の利用)

【例】
資源になるものは分別回収を徹底し、リサイクルに出すようにする。
3Rにリフューズ(Refuse)=「不要なものは受け取らないようにする」、リペア(Repair)=「修理して長く使う」を加えて「5R」を唱える企業や自治体もあります。