ホテルのハウスキーピング、リネン回収やアメニティの補充をもっと便利に

土日祝日を除く 9:00〜18:00

047(358)1151

株式会社ホテルオークラ東京ベイ様

「1スタッフ1ワゴンの客室清掃を実現するために最適なアイテムと出合った」 
ハウスキーピングワゴンで清掃効率もアップ。

「HOUSE KEEPING WAGON S」が変えるホテルの客室清掃オペレーション 客室内にワゴンごと入るスタイルで清掃時も廊下のすっきり環境を維持

「HOUSE KEEPING WAGON S」が変えるホテルの客室清掃オペレーション 客室内にワゴンごと入るスタイルで
清掃時も廊下のすっきり環境を維持

1927年創業の(株)テラモトは、ビルメンテナンス業界において業務用の清掃用具を提供し続けてきた老舗メーカー。清掃用カートについてはデザイン性と多様な機能性を併せ持つ製品を打ち出し、ロングセラーとなっている。「魅せる清掃」というコンセプトのもと、プロの現場にスタイリッシュな雰囲気を盛り込む製品を供給してきたテラモトが、ホテル業界に向けて客室清掃用のワゴンを開発。
「導入して間もないことから、これから客室オペレーションに関する新たな手順を創り上げていける余地があると考えています。それによって『ハウスキーピングワゴン S』を、より上手に使いこなしていきたいと思います」と言う芳村雅俊氏

「導入して間もないことから、これから客室オペレーションに関する新たな手順を創り上げていける余地があると考えています。それによって『ハウスキーピングワゴン S』を、より上手に使いこなしていきたいと思います」と言う芳村雅俊氏

「1スタッフ1ワゴン」の客室清掃を実現するために
最適なアイテムと出合った

ホテルオークラ東京ベイは、清掃用品をはじめとする環境美化用品の専門会社、(株)テラモトがホテルのハウスキーピングに向けて開発した「HOUSE KEEPING WAGON S(ハウスキーピングワゴン S)」を導入した。2018年11月に東京ビッグサイトで開催された「ビルメンヒューマンフェア&クリーンEXPO 2018」に出展したテラモトのブースで「ハウスキーピングワゴン S」と出合った宿泊部客室課支配人の芳村雅俊氏は、軽量な本体、コンパクトながら必要なアメニティやリネンを載せられる構造など、独自の特徴に興味を持ち2019年1月からテスト導入をスタートさせた。

約2カ月の試用期間を経て、5月からの正式導入となった。今回「ハウスキーピングワゴン S」が使われることになったのはスイートルームがある2フロアで、4台導入された。
「1人の清掃スタッフに『ハウスキーピングワゴン S』を1台ずつ持たせたい」、それが芳村氏の描いた構想だった。「客室清掃時にワゴンが廊下に置かれているシーンを改善したいと考えていました。ワゴンごと客室内に入れてしまうことで、清掃時でも廊下はすっきりしたまま、お客さまの通行の妨げにもならないスマートなオペレーションを実現するためにも、『ハウスキーピングワゴン S』は最適なアイテムだと感じました」と芳村氏は振り返る。

従来のオペレーションでは1フロアにつき6台のワゴンを廊下に置き、8人から10人の清掃スタッフが共用しながら作業にあたっていたという。

これによりスイートルームのお客さまは清掃作業の風景を目にすることのないまま、ホテルにおける滞在時間を過ごせるようになった。「ハウスキーピングワゴン S」がもたらしたオペレーションの変化は、より高い顧客満足につながる一つの価値を生み出したと言えるだろう。「清掃用品や交換したリネン類が廊下に並んでいる風景をお客さまの目には触れさせたくない、というのがホテル側の正直な気持ちです。スイートルームに限られた形であれ、この本来的な悩みを解消できたことは、結果としてホテルブランドの品質向上につながっていくはずです」

デザイン性、機能性にもこだわった製品が
清掃作業の効率をアップ

「 ハウスキーピングワゴン S」の活用は、清掃作業の効率アップにもつながっている。

従来のオペレーションだと、必要な道具やアメニティを廊下に置かれたワゴンまで清掃スタッフは少なくとも3、4回は客室と廊下を行き来しなければならなかった。それに対して客室内に自分専用の1台を置けるようになったことで、清掃作業がコンパクトに完結できるようになったのである。
「ほんの数歩の差かもしれませんが、清掃スタッフの移動距離が少なくなることは確かです。実際に使用している清掃スタッフからは『作業が楽になった』という感想が聞かれます」

テラモトはホテル向けの製品開発にあたって、客室に入れることを前提に開発していることから、「ハウスキーピングワゴン S」はドアノブに当たらない高さなどサイズ感にもこだわって開発された。ハンドルの形状は操作しやすい設計、前後輪のキャスターは四つすべてが自在性を持つことから小回りが効く。狭小なスペースでの作業であっても客室内を傷付ける心配は極めて少なく、清掃スタッフの心理的なストレスも減らすことができる。

また、デザイン性も重視し、本体をフルカバーで覆い、ホテルの雰囲気にマッチするように、カバーの色をシックな「ブラウン」と「グレー」を用意した。

ホテルオークラ東京ベイでは、客室清掃用にはブラウンを採用。さらに用途の拡大を図り、ハウスキーピングの最終チェックのインスペクション用とターンダウン用としてグレーを導入。
積んでいるアイテムが異なるワゴンを一目で識別できるよう工夫している。

軽量・コンパクトなデザイン、操作のしやすさによって、清掃スタッフは「ハウスキーピングワゴン S」を客室内にすんなり入れることができる

軽量・コンパクトなデザイン、操作のしやすさによって、清掃スタッフは「ハウスキーピングワゴン S」を客室内にすんなり入れることができる

新参者ニューカマーだからこその発想で
新たなオペレーション環境につなげていく

「今回導入した2フロアを担当するのは、委託しているパートナー企業の中でも特に腕のいい清掃スタッフです。そして『ハウスキーピングワゴンS』の機能性は、清掃スタッフが働く環境も向上してくれます。人材不足が深刻化する中、スタッフが働く環境をよりよいものに整えることの重要性は高まっています。その意味でも、『ハウスキーピングワゴン S』は問題解決につながるアイテムとしての付加価値があると感じます」

ホテルオークラ東京ベイでは、インスペクション用の「ハウスキーピングワゴン S」について、台数を増やす方向で検討している。
「ホテルが使うワゴンに関してテラモトは新参者の会社です」とテラモト東京本社営業二部営業一課係長の斎藤健悟氏は言う。「樹脂製やスチール製のワゴンに対して、当社はあえてパイプに生地を巻くタイプのワゴンを提案しました。軽量化・コンパクト化によって、清掃スタッフの負荷をより軽減したかったのです。当社の製品を使うことでホテルスタッフの方々がハッピーになれる状況をこれからも創造していきたいと思います」

ホテル市場の新参者ならではの新しい発想と、これまで清掃用カートなどで培ってきた経験により生み出されたテラモトの「ハウスキーピングワゴン S」によって、「1スタッフ1ワゴン」というコンセプトが広がりを見せるかもしれない。その動き次第では、客室清掃シーンのスタンダードが大きく変化する可能性もありそうだ。

  • ハウスキーピングワゴンS
  • ハウスキーピングワゴンS

    ホテルオークラ東京ベイが導入した「ハウスキーピングワゴン S」は、アメニティとリネンの補充をメインにしたスタンダードタイプ。このほかにもテラモトでは、1~2ルームのハウスキーピングを完結できるタイプの「ハウスキーピングワゴン C」もラインアップされている

  • ハウスキーピングワゴンS

    ターンダウン用には、補充用のミネラルウォーターやタオル、ベッドサイドに置くチョコレートなどを装備。マグネットが名蔵されたカバーは、中のものが取り出しやすい

ホテルのリネン台車のお困りごと、
ハウスキーピングに関するご質問、
テラモトへの資料請求など
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせはこちら

047(358)1151

土日祝日を除く 9:00〜18:00