私たちテラモトは、「快適環境の創造を通じて社会に貢献する」ことを企業理念に掲げています。人々に喜びと感動と夢を共有していただける空間づくり、そして地球環境に配慮したものづくりを通じて、豊かな社会の実現を目指している私たちの、あらゆる事業活動の基盤となるのが人権の尊重です。
全従業員が人権への理解を深め、適切な行動をとっていくためにテラモトの人権基本方針を定め、本方針に基づき活動してまいります。

基本方針

1,人権に対する基本的な考え方

    テラモトは、人権や労働に関する国内法に加えて、「国連人権章典」や国際労働機関(ILO)の「労働における基本原則および権利に関するILO宣言」に記された人権規範を遵守するとともに、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」を支持し、実践します。

2,事業活動を通じた人権の尊重

  1. テラモトは、個人の多様性を尊重し、人種、民族、国籍、宗教、出身地、性別、年齢、学歴、心身の障害、性的指向、性自認などを理由とした差別を一切禁止します。
  2. テラモトは、従業員が安心・安全に働けるよう職場環境を整備し、適用される法令に従い、労働時間、休日、休暇、賃金を適切に管理します。
  3. テラモトは、どのような形態の人身取引を含む奴隷労働や強制労働、児童労働も認めません。
  4. テラモトは、性的ハラスメント、パワーハラスメントを含む、身体的、精神的であることを問わず、あらゆる形態のハラスメントを認めません。

3,人権デューデリジェンスの実施

    テラモトは、従業員に対して本方針の実践に必要な教育を行い、各種ハラスメントの相談窓口を設ける等、テラモトの事業と関係する人権に対する負の影響を特定し、予防、軽減する取り組みを進めてまいります。人権デューデリジェンスによって、人権に負の影響を引き起こしたり、助長したことが明らかになった場合には、適切かつ効果的な救済措置を講じるよう努めます。また、自らの事業活動によって人権への負の影響が生じた場合は、是正に向けて適切に対処します。

2021年9月1日
株式会社テラモト
代表取締役社長 寺本信重