MENU
佐々木 一馬
03
新しい提案に常に挑戦し、日々の暮らしを快適に

佐々木 一馬KAZUMA SASAKI

大阪本社営業部
2018年入社

先輩社員の生の声

佐々木 一馬

「NO」なんて言いたくない

私は営業部に所属しています。日々業務をこなしていく中で、お客様からはさまざまな依頼をいただきます。時には難しい依頼もありますが、私は簡単に「NO」とは言わないように心掛けています。あるお客様から商業施設の倉庫に、清掃資機材を置くラックの設置依頼をいただきました。また、耐震工事も必要でした。お客様も、耐震工事について相談できるところが無く、非常に困っていいました。依頼を受けた瞬間は、テラモトとはあまり関連性の無い依頼だと思ってしまいましたが、協力企業と力を合わせて課題に取り組み、なんとか無事に納品する事ができました。お客様からも「佐々木君に相談してよかった、本当に助かった」と言ってもらえ、これを機に、このお客様から依頼をいただける数も非常に増えました。難しい依頼内容であるということは、お客様自身もその分困っているということです。それを解決することができれば、お客様との信頼関係を築くチャンスです。そのチャンスを潰さないよう、「NO」とは言わないように心掛けています。 また、お客様は「テラモトでこんな商品あったほうがいいのではないか?」「こういう現場ではこんな清掃方法があるよ」など、若手の自分に対して積極的に教えてくださいます。このようなお客様の声で新商品の開発につながることもありました。社内で教わることももちろんたくさんあります。それと同時に、お客様からも多くのことを教わり、日々勉強させていただいています。その分お客様へも、できるだけ力になりたいと考えています。これらからもお客様と一丸となって仕事をこなしていきたいと思います。

佐々木 一馬

スタートダッシュで自信を!!

テラモトは入社1年目でもチャレンジできる会社です。「入社1年目で大きな注文をもらって、頭一つ抜けてやる!」と目標を掲げ、私は入社1年目の夏頃から大学営業廻りを行っていました。そんな中で、京都のとある大学に新築の校舎ができるとの情報を入手し、その大学に飛び込みで営業を行いました。最初はなかなか相手にされず悔しい思いをしました。そんな中で提案書の作り方やお客様への話し方を先輩社員に相談しました。「自分の提案したいことをただ、お客様へ話すだけでなく、お客様からニーズを引き出すことを意識したほうがいい」と教えていただきました。このことは今でも意識しています。アドバイスを実践しながら、根気よく何度も訪問することで、担当の方と関係を構築し、提案をさせていただけるようになり、最終的にはゴミ箱をはじめ、備品一式の大口の注文になりました。愚直に取り組んだお蔭で、大きな注文をいただいた達成感は今でも忘れられません。1年目から実績を上げたという自信は今でも活かされています。

佐々木 一馬

分からないことだらけの僕がテラモトで働く理由

私はお取り引きの長いお客様を1年目から任せてもらっています。依頼の数も多く、日々がむしゃらに食らいつく気持ちで頑張ってきました。もちもん、1人で全てのことをこなしているわけではありません。テラモトはチーム一丸となって動くため、営業部の先輩方はもちろん、他部署の方とも一緒に仕事をする機会がたくさんあります。多くの方のサポートを受けられる環境だからこそ、1年目からお客様を担当してこられたのだと思っています。また、お客様から助けてもらうこともあります。分からないことを正直に言えば、いろいろと教えてくださいます。「困ったときにはすぐ近くに相談できる人がいる」日々このありがたみを感じながら働いています。

とある日のスケジュール

8:20
出社 メールチェック等
8:50
朝礼
9:00
見積作成 売上進捗確認
10:00
お客様との商談
11:00
注文商品の納品
12:00
ランチタイム
13:00
お客様との商談
16:00
帰社 本日の商談内容確認 提案資料作成
17:00
メールチェック 翌日のスケジュール確認
18:30
退社

オフの日の過ごし方

服が好きでよく買い物に行きます。ネットでいろいろなセレクトショップを調べて、新しいお店を開拓しています。友達とお店をまわって、飲みにいくという一連の流れを週末はよくしています。ついつい服を買い過ぎて反省しています。

佐々木 一馬

学生の皆様へメッセージMESSAGE

僕は就活をしているとき、特にやりたいことが見つからず、会社選びに困っていました。そんな中で、大学の合同説明会がきっかけでテラモトを知りました。会社説明会に足を運んだ際社員同士の距離が近く、自分の意見を言え、困りごとは相談できる環境がこの会社にはあると感じ、「この会社に入りたい!」と思いました。入社後も印象は変わらず、上司のサポートを受けながら、1年目からチャレンジできる場をたくさんもらえました。 「1年目から自分はいろんなことにチャレンジしていた!」 このことは、その後の成長や自信に繋がりました。若い社員でも、いろんな仕事にチャレンジさせてくれる会社を選んでいただきたいです。テラモトで一緒にチャレンジできるのを楽しみに待っています。

佐々木 一馬

ページトップ