テラモトの沿革

創業者は、寺本信一郎です。現社長の祖父に当たります。和歌山県出身、当時20歳。和歌山県は、古くから生活用品の産業が盛んで、その土地で育った創業者・寺本信一郎も、世の中で役に立つ製品をつくり、お客様に喜んで使っていただきたいという志を胸に、創業を決意しました。

主要な生活用品とは、棕櫚(シュロ)の繊維を原料とした加工品、ほうき、敷物です。棕櫚(シュロ)は、ヤシ科の植物で和歌山県に多く生息しています。この木から採取した暗褐色の繊維は、腐りにくく伸縮性に富んでいるため加工品として、最適な素材です。地場産業と棕櫚(シュロ)には深い関係があります。創業者・寺本信一郎も、棕櫚(シュロ)の加工品を製造販売することから一歩を踏み出しました。

テラモトはいち早く、新時代の変化を読み取り、ビルの建設現場やビルメンテナンス向けに営業を開始しました。最初は、うまくいきませんでしたが、成功するまでやり遂げるという気持ちで営業しました。次第にお客様からの注文も増え、最前線で活躍する営業担当からお客様の要望があり、商品開発も充実してきました。おかげさまで現在も業界のスタンダードとして、テラモトのプロ用清掃用品、玄関マットは広くご愛用いただいています。

棕櫚の木棕櫚(シュロ)の木

1927年 寺本信一郎が個人にて清掃用具の製造販売を開始する。(大阪)
1952年 寺本林吉が個人にて清掃用具の製造販売を開始する。(東京)
1960年 会社設立 法人組織に改組(大阪)
1976年 寺本製作所(大阪)並びに寺本製作所(東京)が合併し、
株式会社テラモトに社名変更。
1990年 千葉県香取郡多古町に成田工場新設。
翌年12月同敷地内に成田物流センターを新設。
1992年 千葉県市川市に現東京本社を新築移転。
1996年 大阪市西区に本社社屋を新築移転。
2000年 兵庫県神埼郡市川町に大阪府下の工場の一部及び物流センターを新築移転。
2003年 八尾工場にてISO14001を認証取得。
2005年 八尾工場にてISO9001を認証取得。(工場での取得は業界初)
2006年 ミセルシリーズ、tidyシリーズ発売。
2007年 スモーキングサイトシリーズ発売。
2010年 ISO9001の認証取得を成田工場に拡大。
2011年 ISO14001の認証取得を成田サイト(成田工場・成田物流センター)に拡大。
2012年 OPPOシリーズ発売。
2015年 OPPOアトリエラボオープン。
2016年 中国 深圳に現地法人、深圳寺本貿易有限公司を開設。