TERAMOTO くらしとterakoyaコラム

車にこびりついた花粉や黄砂の落とし方。シミを防ぐポイントとは?
2022.04.06 お掃除コラム

pixta_73555896_S

春になると花粉や黄砂が空気中に舞うようになり、アレルギーや喘息持ちの方にとっては辛い季節かもしれません。そして、花粉や黄砂は車にとっても悪影響を与えています。
皆さんは黄色っぽい細かい粒子が車にたくさん付着していた経験はないでしょうか。もしかするとそれは花粉や黄砂が原因かもしれません。車に付着した花粉や黄砂を放っておくと洗車でも落としづらくなったり、シミになることもあります。
ここでは車にこびりついた花粉や黄砂の落とし方から、シミを防ぐポイント、おすすめの清掃道具も紹介していきます。

※おすすめ記事:花粉症の予防はまず掃除から!掃除すべき場所と掃除機の使い方とは!
※おすすめ記事:今年もチェックしよう、花粉対策の基本 ~くっつけない・持ち込まない、誰でもできる花粉カットのコツ~

車に花粉や黄砂が付着するとどんな影響が?

pixta_87083866_S

まずは車に花粉や黄砂が付着するとどんな影響があるのか確認していきましょう。汚れ自体は似ていますが、花粉と黄砂ではその性質が大きく異なります。
花粉は毎年2月から5月ごろを中心に、スギやヒノキから飛散しています。植物由来の粉上の細胞であり、花粉症の原因でもあります。
一方、黄砂は中国やモンゴルなどの大陸にある砂漠から飛散した土壌の粒子です。2月から4月ごろに偏西風に乗って日本へと飛来し、西日本や東日本の日本海側で多く観測されています。
黄砂に関しては、大陸の森林減少や土地の劣化、工業化による砂漠化によって、近年飛来量が増加しているといわれています。
花粉や黄砂の違いについて簡単に把握した上で、車に付着するとどのような影響があるのか見ていきましょう。

【花粉汚れ】花粉から排出されるペクチンがシミをつくる

花粉は一粒30~40μm(マイクロメートル)の極小サイズであるため、肉眼で視認することはできません。しかし、大量の花粉が一か所に集まると黄色がかった汚れとして見えるようになります。
花粉は車のボディに付着した後、夜露や雨に濡れて水分を含むと、ペクチンと呼ばれる成分を分泌します。ペクチンはジャムの材料としても使用されることもあり、ベタベタとした質感をしています。そのため、花粉汚れが付着した車体はねっとりとした不快な質感を伴います。
車のボディにペクチンが付着したまま時間が経過すると、車体の塗装とペクチンが結合してシミを形成します。これは放っておくことでどんどんと広がっていく可能性があり、最終的にはボディの腐食や歪みにつながるかもしれません。
このように、花粉汚れが車に付着したならば、ペクチンが発生する前に早めの対応が必要になるでしょう。

【黄砂汚れ】ザラザラとした質感が特徴

車に黄砂が付着すると、その名の通り黄色い見た目の汚れになります。あくまで砂汚れであるため、花粉汚れとは違いザラザラとした感触が特徴です。
しかし、黄砂には石英や長石などの粘土鉱物が含まれており、粘土的な性質も持っています。そのため花粉と同様、黄砂は夜露や雨によって水分を含むと固まり、放置することで車体にシミをつくります。
汚れの種類や感触自体は花粉と異なりますが、シミになると後の洗浄が大変なため、早急に除去するのが良いでしょう。

車にこびりついた花粉や黄砂の落とし方

花粉や黄砂は水分を含むことで車体にシミを形成します。そのため、花粉汚れ、黄砂汚れのどちらであっても、早めに落としてあげるのがおすすめです。
ここでは車にこびりついた花粉や黄砂の落とし方について説明していきます。

【花粉、黄砂のどちらにも対応】高圧洗浄

高圧洗浄機を用いることで、車体にこびりついた花粉や黄砂を洗い落としてくれます。どちらの汚れであろうと、まとめて洗浄してくれるため、家庭に高圧洗浄機がある方におすすめです。
高圧洗浄機で洗い落とした後は、通常通りシャンプーや洗剤を用いて洗車してあげると、いつもの綺麗な状態の車に戻せるでしょう。

【花粉、黄砂のどちらにも対応】たっぷりの水で洗い落とす

高圧洗浄機をお持ちでない方は、水をたっぷり用いて洗車してあげましょう。先述したとおり、花粉と黄砂は水分を含むと落ちづらくなってしまうため、通常の洗車よりも多くの水を用いるのがポイントです。
その後、残った細かい粒子はいつもより泡を多めにしたシャンプーや洗剤で、包み込むようにすると除去できるでしょう。
最初の水洗いがしっかりできていないと、車体に黄砂が付着したままになります。この状態でスポンジやタオルで擦ると、黄砂によってボディに細かい傷がつく恐れがあるので注意しましょう。

【花粉限定】花粉汚れには熱湯を

花粉汚れ限定にはなりますが、シミの除去には熱湯や熱風などで熱を加えてあげるのもおすすめです。花粉汚れはペクチンが原因ですが、このペクチンは熱に弱いという特性を持っています。
そのため、50℃~80℃程度の熱湯をかけてあげると、簡単にシミを除去することが可能です。熱を加えればよいので、熱湯ではなくドライヤーやスチーマーなどを用いても問題ありません。
熱はペクチンに対して有効なため、黄砂汚れには効き目は薄くなります。車体に付着した汚れが花粉である場合に試してみると良いでしょう。

シミを防ぐには?日常的な対策を紹介!

pixta_2420383_S

紹介した方法を実践すれば、車体についた花粉汚れ、黄砂汚れについては対処できるでしょう。とはいえ、シミが付いてしまってから対処するには大きな手間がかかります。

大掛かりに清掃をするまではシミを付けたまま外出しなければならないため、日常的な対策と予防が重要になります。ここでは花粉汚れ、黄砂汚れによるシミを防ぐための対策や予防を紹介していきます。

ボディカバーをかける

駐車時に付着する花粉や黄砂を防ぐには、屋根付きの車庫に止めてあげるのが良いでしょう。しかし、敷地・予算的に屋根付きの車庫を用意するのが難しいという方は、車にボディカバーをかけてあげるのがおすすめです。

ボディカバーを家庭の車にかぶせてあげるだけで、花粉や黄砂の付着を防ぎ、水滴もはじいてくれるため、シミの形成を防いでくれます。

とはいえ、車通勤をしている方であれば、毎日ボディカバーのかけ外しをしなければならず、非常に手間がかかります。そのため、車は休みの日しか使わないという方はぜひお試しください。

ボディカバー利用時には細かい傷に注意

ボディカバーを利用する際には強風に注意しましょう。強い風が吹くとボディカバーと車体が擦れてしまい、細かい擦り傷をたくさん作ってしまう恐れがあります。これらの傷を取り除こうとすると、研磨作業を行わなければいけません。

特に春先は暖気と寒気がぶつかることで強風が発生しやすい季節です。「春一番」や「メイストーム」と呼ばれる、春独自の強風が毎年各地で発生しているため、ボディカバーで対策をとる場合は注意が必要です。

車にコーティングや撥水加工を施す

花粉や黄砂がシミになってこびりつかないよう、事前にコーティングや撥水加工を施してあげるのもおすすめです。これにより、花粉や黄砂が付着しても水分と混ざりにくくなるため、シミになるのを防いでくれます。

花粉の成分はアルカリ性であるため、耐薬品性能が高いコーティング剤が効果的といわれています。花粉や黄砂がたくさん飛散している場合は、一度しっかりと洗車してから各種加工を施してあげると良いでしょう。

細目に洗車を行う

コーティングや撥水加工を施した車体であれば、花粉がペクチンを発生することや黄砂が固まることも少ないでしょう。そのため、簡単な水洗いだけでも車体に付着した花粉や黄砂を取り除けます。

とはいえ、付着してから時間が経過していたり、雨に降られたりすると、通常通りシミにつながる恐れがあります。加工を施していたとしても、細目に洗車をするのがおすすめです。

日常的な対策に役立つ清掃アイテム!

では最後に花粉汚れ、黄砂汚れに対するおすすめの清掃道具を紹介していきます。もし、現在これらの汚れに悩まされており、対処する清掃道具に困っている方はぜひ参考にしてください。

仕切りバケツ

こちらの仕切りバケツは、バケツ本体だけでなく、底板や仕切り板など各種パーツが付属しています。これらを組み合わせることで、仕切りのあるバケツとして利用できます。

細目に洗車をすることで花粉や黄砂のシミ対策ができますが、車体用のスポンジやブラシ、またタイヤ用のスポンジやブラシ、拭き上げ用のタオルなど、たくさんの道具が必要です。

これらを準備するのが億劫に感じては、細目に洗車はできません。そのため、洗車に必要な道具をこの仕切りバケツと一緒に準備しておくと、いつでもすぐに洗車を行えるようになります。利便性のある道具を揃えておくことで、花粉や黄砂のシミを防ぎましょう。
4904771109008
※関連商品:仕切りバケツ 青

車を大切にするなら花粉・黄砂対策は必須

花粉も黄砂もそれぞれ独自の特徴があるものの、水分を含むことでシミをつくるという点では同様です。対策としては「そもそも花粉や黄砂が付着しないようにする」方法と、「頑固なシミにならないように細目に洗車する」方法の2通りが挙げられます。

皆さん個人の生活習慣や事情に合わせて適切な対策を取り、春先の花粉汚れや黄砂汚れに立ち向かいましょう。