TERAMOTO くらしとterakoyaコラム

マットのデザインは色にこだわろう!店舗やオフィスにおすすめの色
2019.12.11 業界コラム

pixta_39926636_S

色は、私たちの感情に影響を及ぼします。その効果はビジネスにも応用可能で、色の使い方次第で売り上げアップも期待できます。そこで、ここでは色の心理効果、そしてオフィス玄関・エントランスや店舗のマットにおすすめの色についてまとめました。ぜひこの記事を参考に色の効果を利用して、お客さんに上手にアピールしてみてください。

色の心理効果一覧

pixta_45088908_S

それぞれの色は、それぞれ違ったイメージや効果を持っています。色を上手に利用するために、ここでは色の心理効果についてまとめました。

心理効果
重厚感、高級感、威厳、スタイリッシュ、存在感、暗さ、不安、恐怖、絶望、死
灰色 落ち着き、調和、大人、真面目、思い出、薄暗さ、過去、迷い、不信、憂鬱
清潔、神聖、美しさ、純粋、平和、天国、正義、爽快感、空虚、敗北感、無気力
茶色 安らぎ、安心感、穏やか、温和、温もり、伝統、素朴、堅実、頑固、退屈、陰気
情熱、興奮、やる気、活力、高揚、エネルギー、食欲増進、生命力、怒り、暴力
橙色 陽気、活発、明るさ、暖かさ、喜び、家庭、自由、推察力、知恵、仕事
黄色 元気、愉快、好奇心、無邪気、向上心、軽快、希望、幸福、カジュアル、注意
ピンク 可愛い、愛情、恋愛、思いやり、幸福、優しさ、女性らしさ
癒し、健康、安らぎ、自然、環境、幸福
知的、冷静、信頼感、誠実、集中力、気品、真面目、爽快感、冷たさ、悲哀、孤独
上品、神秘的、妖艶、優雅、アーティスティック、エキゾチック、不気味、妖しさ

オフィス玄関・エントランスにおすすめのマットの色

pixta_18523048_S

オフィスに入って最初に目に付くのは、玄関やエントランスのマットですよね。第一印象を大きく左右するポイントだけに、玄関やエントランスのマットの色にはこだわりたいところです。ここでは、オフィスの玄関やエントランスのマットにぴったりな色をみていきましょう。

清潔感を重視するなら、やはり白のマット鉄板です。迷ったら白のマットにすれば間違いありません。ただし白は汚れやすいので、洗濯は欠かさないようにしましょう。

茶色

茶色は、温もりを感じられる安心感のある色です。初めてオフィスに入ったお客さんの緊張も、スッと緩和できるはず。素朴な雰囲気の親しみやすいオフィスだと感じてもらえるはずですよ。

橙色

橙色は、明るさや陽気さの象徴です。元気いっぱいのポジティブなイメージを与えたいなら、橙色がぴったりだといえるでしょう。お客さんオフィスで働く人たちも、自然と明るくなるのではないでしょうか。

店舗におすすめのマットの色

玄関やエントランスのマットの色と同様に、店舗のマットの色も売り上げに大きな影響を及ぼします。ここでは、店舗のマットにおすすめの色をご紹介します。

お客さんの購買意欲を刺激するなら、高揚感を高める赤が最適です。赤は「購買色」とも呼ばれており、広告などには赤がしばしば取り入れられています。また食欲を刺激する効果もあるので、飲食店ではとくにぴったりですね。

落ち着いた雰囲気の店舗を目指すなら、青のマットにするといいでしょう。知的で真面目な雰囲気を持つ青のオフィスは、お客さんに信頼感を与えることができます。このことを理由に、コーポレートカラーを青にしている会社も多いようです。

色の効果を利用して売り上げアップを目指そう

それぞれの色が持つ効果を最大限に利用すれば、売上アップも夢ではありません。そして、簡単に色を取り入れられるのがマットです。玄関やエントランス、オフィス内にマットを敷くときには、ぜひ色の効果を考慮したうえで、どの色のマットにするかをじっくりと検討してみてください。