TERAMOTO くらしとterakoyaコラム

正しい「拭き方」「掃き方」「磨き方」とは。衛生環境を保つポイント
2020.12.16 お掃除コラム

pixta_59086607_S

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。各地でクラスターが発生し、感染拡大地域へのGo Toトラベルについては、新規予約の一時停止が検討される予定です(11月21日現在)。このような状況下では身の回りを清潔にすることが大切です。本記事では適切な掃除方法を、清掃に強い専門性を有する弊社が解説します。衛生環境の整備に取り組む事業者や家庭での掃除に役立つ内容なので是非ご覧ください。

衛生環境を保つために掃除方法が大切な理由

pixta_45197966_S

本記事では適切な掃除方法に着目しています。これらを習得することで初めて衛生環境を保つことができるからです。逆に言うと、正しい掃除方法を知らないと衛生環境は徐々に悪化していくことでしょう。まずは掃除方法が間違っているときに起こりうるリスクを紹介します。

新型コロナウイルスがテーブルに残存

新型コロナウイルスの感染経路には接触感染があります。そのためテーブルなど人の手に触れる機会が多い共用部分は念入りに清掃する必要があるのです。マスクの着用が日常化したとはいえ、備品の衛生管理は欠かせないでしょう。

靴底のウイルスやホコリが床に付着

靴底についたウイルスやホコリが床にたまることは問題です。なぜならば感染症や風邪等の健康被害に繋がる可能性があるからです。このような事態を未然に防ぐため、最近では施設の出入り口に除菌マットが置かれる機会が増えてきました。これにより感染リスク低下が見込めますが、それでも病原菌はあらゆる場所に潜んでいます。万全を期すため、以下で解説する正しい掃除方法を参考にしてください。

床やテーブルなどの正しい「拭き方」

pixta_68846780_S

床やテーブルの掃除は拭き方が大切です。床は掃除機だけで十分と思われるかもしれませんが、掃除機では頑固な汚れは落ちません。またテーブルは床に比べると手間はかかりませんが、ウイルス対策などは重要なので、最低限必要な作業だけ紹介します。

床の拭き方

まずはフローリングなど拭き掃除が可能な床を対象として、正しい拭き方を解説します。フローリングは掃除しやすい一方で、汚れが目立ちやすく、掃除機だけで対処できない汚れも付着します。そこで必要なのがモップと雑巾です。

モップを使った床掃除

モップの使用方法におけるポイントは、目的に応じてモップの種類を使い分けることです。同じモップでも形状から用途、手入れのしやすさまで様々だからです。基本的には以下の3つに分類されます。

1.水拭きモップ
水拭き等に適したモップです。モップ糸を左右に動かしなら、一直線に後ろに下がるように拭きます。

2.化学モップ
吸着剤を含んだモップで、ホコリ取りに最適です。

3.ペーパーモップ
モップの先にペーパーをつけるタイプです。チリやホコリを吸着する乾拭き用が主流です。

※関連記事:「水拭き・化学・ペーパーなど。モップの種類と正しい使い方

雑巾を使った床掃除

雑巾にもモップと同じように用途に応じた種類があり、それぞれに適した拭き方があります。加えて、雑巾の種類によって取りやすい汚れがあるので、床の状態を確認した上で使い分けてみてください。

1.綿雑巾
古くから使われる一般的な雑巾で、乾拭きや水拭き、洗剤拭きなど活用方法が多様です。水拭きの際は一定方向に進めると、拭きムラをなくせます。

2.化学雑巾
薬剤を含んだ吸着性がある雑巾で、ホコリの除去に適しています。S字を描くようにして軽い力で拭き取るのがコツです。

3.マイクロファイバークロス
極細の繊維を使用した雑巾です。こびりついた汚れなどを効果的に除去します。

※関連記事:「汚れの落ち方が全く違う!おすすめの雑巾と拭き方の種類

テーブルの拭き方

テーブルはホコリ、汚れ、病原菌への対策が必要です。ホコリには「ハンディタイプのモップ」、汚れには「ウェットティッシュタイプのクリーナー」、病原菌には「次亜塩素酸系消毒液やアルコール消毒液」を使ってまんべんなく拭き取りましょう。

※関連ページ:「オフィスで日々お仕事をこなしているあなたへ ~デスク周りをキレイにするコツ~
※関連ページ:「これからのオフィスに必須!?アルコール消毒液などの感染症予防対策【トイレ・エントランスなど】

正しい窓などの磨き方

窓ガラスを綺麗な状態に保つには、3~4週間に一度の清掃が必要です。これを過ぎると徐々に透過性が低下し、肉眼でも汚れが分かるようになります。窓ガラスの清潔さは来訪者の印象にも繋がるので、以下の手順を参考にしてください。

■必要な道具
・雑巾
・アルカリ電解水(水道水も可)
・スクイジー
・マイクロファイバークロス(乾いたタオルも可)

■窓ふきの手順
1.雑巾で水拭き
雑巾に水を含ませ、軽く絞ります(水道水も良いですが、綺麗な仕上がりにはアルカリ電解水がおすすめです)。水拭きは上の左角か右角からスタートし、「コ」の字にスライドさせます。左右の端まで拭いたら少し下げて往復しましょう。

※窓の位置が高い場合は、高所清掃用の「ウォッシャー」を使いましょう。

2.水切り(スクイジー)を使う
窓の最上部にスクイジーのゴムを当て、垂直に拭き下ろすことを繰り返します。注意点として、窓の下の方は後でまとめて拭くので、10センチ位残してください。また隣の拭き後と5センチほど重ねて拭き下ろすと、筋がなく綺麗になります。拭き下ろし終わったら、スクイジーのゴム部分を柄から外し、残った下の10センチの部分を左右に拭いてください。最後に左右下のコーナー部分を弧を描くように拭き下ろしたら完了です。

※ウォッシャーとスクイジーが一体となった窓ワイパーもあります。

3.乾拭きする
繊維が細かいマイクロファイバークロスを使うと、拭きムラなく仕上げることが可能です。

ほうきを使った正しい「掃き方」

ほうきは種類によって掃き方や適した掃除場所が異なるので、正しく使えないと掃除の効果が半減することになります。ここではほうきの種類と特徴に触れた後、それぞれに適した掃き方を解説します。

ほうきの種類と特徴

以下で代表的なほうきを5つ紹介し、その特徴を解説します。ほうきは静音性や節電、手軽さにおいて非常に優れた掃除用具なので、紹介するほうきにご興味があれば弊社のカタログもご覧ください。

1.自在ほうき
長い柄に横長のブラシ部分がついたほうきです。美容院や学校の床掃除で用いられます。

2.土間ほうき
柄の先に長い毛がついているほうきです。家庭では主に玄関やベランダの掃除用として用いられます。

3.座敷ほうき
しなやかさが強みで、掃除機をかけると傷がつくようなデリケートな白木の床や畳などを掃除できます。

4.竹ほうき
竹の小枝を束ねたほうきで、外回りの掃除に使います。

5.床ブラシ
頑丈なブラシ部分を持ち、長い廊下や広いコンコースの掃き掃除に使われます。

掃き方の種類

効率的に掃き掃除をするならば、上述したほうきの種類や目的によって掃き方を変える必要があります。具体的には「おさえ掃き」「はじき掃き」「さらえ掃き」「押し掃き」の4つを使い分けます。

1.おさえ掃き
ほうきの穂先を押さえるようにして掃く方法で、自在ほうきで用いられます。ホコリが立ちにくいのが長所です。

2.はじき掃き
穂先の弾力を使ってはじくような掃き方で、座敷ほうきと竹ほうきで用います。大きめのゴミを掃くのに適しています。

3.さらえ掃き
穂先を浮き気味にしてさらうように掃きます。大きなゴミだけをとる掃き方で、土間ほうきや竹ほうきで用います。

4.押し掃き
床面を押して汚れを取る方法です。床ブラシで用いられます。

■ほうきの種類別の掃き方と適した掃除場所のまとめ

種類 掃き方 掃除場所・使用例 設置場所
自在ほうき おさえ掃き ほこりを立たせたくない場所 施設の一部
座敷ほうき はじき掃き 畳や白木の床 施設の一部
竹ほうき さらえ掃き 庭の掃除などの外回り 施設の全部または一部
土間ほうき さらえ掃き 玄関の掃除 施設の全部または一部

掃除のポイントは適材適所!最適な掃除用具と掃除方法の選択を

「仕事は道具がする」という言葉があるように、掃除を効率的に行うためには、良い道具を選び、道具の持つ機能を最大限生かすことが重要です。モップ1つにしても、水拭きに適したものもあればホコリ取りに特化したものもあるなど、必ず適した使用方法があるのです。withコロナの時代には従来よりも徹底した衛生管理が必要ですが、リソースは限られている以上、道具を正しく使って効率的な掃除を行っていきましょう。