TERAMOTO くらしとterakoyaコラム

清掃のプロはみんな知っている。掃除用ウエス(雑巾)の特長と作り方
2019.07.17 道具の使い方

pixta_49758861_S

清掃のプロも使っている「掃除用ウエス」をご存知でしょうか。
ウエスは「掃除の万能アイテム」とも言われることもあり、事前に準備しておくとさまざまな用途に使うことができるとても便利なアイテムです。
今回は、掃除用ウエスの概要とウエスの作り方、ウエスを使った掃除の方法を場所別にご紹介します。

掃除用ウエスとは

pixta_34143295_S

掃除用ウエスは、英語でゴミや廃棄物を意味する「waste」が語源になっている、使わなくなったタオルや衣服などを好きな大きさにカットして作成する使い捨て用の雑巾のことです。。
汚れたら捨てることが前提のため、雑巾のように四角く折りたたんで周りを縫い付けることもなく、掃除の後に洗濯する必要もありません。取り扱いが簡単なことがウエスの大きなメリットです。

掃除用ウエスの作り方

ウエスの作り方はとても簡単で、古くなったタオル、Tシャツ、インナー、洋服などの布製品を使いやすい大きさにカットするだけです。
大きいサイズと小さいサイズの2種類を作成することで、掃除場所によって使い分けができて便利です。
フェイスタオルを切ってウエスを作成するときは、1枚を4分割するとフローリング用モップにも取り付けることができる大きさになります。
タオルやTシャツなどコットン素材で吸水性が高いものは、乾拭きにも水拭きにも使えます。
合成繊維の布は吸水性が低いため、フローリングなどの水拭きには適しませんが、キッチンの油汚れや仕上げの乾拭き用として使うことができます。

場所別!掃除用ウエスの使い方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウエスはさまざまな場所の掃除に使えますが、同じウエスで全ての場所を掃除すると他の場所の汚れを持ち込むことになってしまうので、場所によってウエスを使い分けることが大切です。
プロの清掃員でも場所ごとに使う道具を色分けしていることが多く、テラモトが製造・販売する「FXモップ」はハンドル部分とモップの替糸を5色そろえ、場所ごとに色で見分けがつきやすいように工夫されています。

キッチン

キッチンではサイズが小さいウエスが活躍します。
調理が終わった後のコンロ周りは、油はねやこぼれた調味料などで汚れがついています。
時間が経つと落ちにくくなる汚れも、調理後にウエスでさっと一拭きすることでその後の掃除を大幅に楽にすることができます。
シンクは食器洗いが終わる度にウエスで周辺の水滴を拭き取ることで、水垢対策にもつながります。
雑巾の場合は、水滴を拭き取ってもその後にまた雑巾を洗わなければならないので、結局シンクに水分が残ってしまうというジレンマがありましたが、使い捨てのウエスならこの問題も解決してくれます。

リビング

大きいサイズのウエスをフローリング用モップに取り付けることで、掃除機だけでは取り切れなかった狭い隙間のホコリなどの掃除も簡単です。
また、小さな子どもがいる家庭では、子どもの食べこぼしにもウエスは便利です。
特に、牛乳を雑巾で拭くと牛乳の臭いが付着してしまい、洗ってもなかなか臭いが取れないため、使い捨てできるウエスが活躍します。

トイレ

タンクの上や温水洗浄便座の操作パネルなど、トイレには意外とたくさんホコリが溜まる場所があります。
その際、小さなウエスをトイレに置いておけば、目についたときにすぐに拭き取ることができます。
またトイレトレーニング中の子どもがいる場合など、トイレを汚してしまったときのために大きめのウエスを準備しておくと、万一のときに慌てずに対処ができます。

お風呂

入浴後に鏡や蛇口などのシルバー部分の水滴を拭き取っておくと、水垢の防止になります。
また排水溝の掃除をする際にも、小さなウエスで髪の毛を取り除くと手が汚れず、汚れを拭き取ってそのまま捨てることができるので便利です。

手軽に使えて便利な掃除用ウエス

今回ご紹介した以外にも靴磨きや洗面台の掃除に使えるなど、家中の掃除でウエスは大活躍してくれます。
使い古したタオルやTシャツを捨てる前に、好きな大きさにカットするだけで簡単にウエスを作ることができるので、ぜひ、手軽に使えるウエスの便利さを実感してみてください。