TERAMOTO くらしとterakoyaコラム

自宅のベッドも毎朝ベッドメイクが必要?客室清掃から学ぶベッドメイクの効果とコツ
2019.09.20 お掃除コラム

pixta_37215482_S


ホテルに宿泊すると、ベッドはいつもきれいな状態に整えられていますよね。シワひとつないシーツに身体を潜り込ませるのは、とても気持ちがいいものです。ベッドが整っているというだけで、普段よりもぐっすりと眠れそうな気がする人も多いのではないでしょうか。
そして、実はベッドメイクには実際にたくさんのメリットがあります。それらのメリットを得るためにも、自宅でも朝起きたらぜひベッドメイクをしたいところです。ここでは毎朝ベッドメイクをすることのメリットとベッドメイクのコツについてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

そもそもベッドメイクってなに?

ベッドメイクとは、ベッドをきちんと整えることをいいます。寝具はもちろんのこと、ベッドの周辺もきれいに整理整頓することで快適に眠れる環境を作ることができます。ベッドメイクはホテルの客室清掃では特に重要なポイントで、きれいなベッドメイクは利用客のホテルに対する満足度に大きく影響します。
そして、もちろんベッドメイクはホテルだけではなく自宅でも行うことができます。朝起きた後にベッドメイクをすることで、気持ちよく1日を始められるのではないでしょうか。

今日からチャレンジしてみよう。ベッドメイクのメリットとは

pixta_39478758_S

「夜になったらどのみちベッドに入るのだから、ベッドメイクをする意味はないのではないか」という人もいるかもしれません。しかし、実は自宅のベッドを毎朝ベッドメイクすることにはたくさんのメリットがあります。その具体例を紹介します。

部屋をきれいにする習慣がつく

朝にベッドメイクをすることが習慣になると、次第にベッドが散らかった状態では落ち着かなくなります。そして「ベッドメイクをしなくてはいけない」という気持ちが「ベッドメイクをしたい」に変わると、ベッド以外の部分もきれいに保ちたくなります。頑張ろうと思わなくても自然と片付けをしたくなるなら、こんなに嬉しいことはありませんよね。
部屋が散らかっている状態に慣れているうちは、きれいに片付けることにそれほど意味を感じないかもしれません。しかし、部屋を片付けると物をなくさなくなるため無駄遣いが減ります。また、急な来客のときでも焦らずに迎え入れることができます。そして、最大のメリットはストレスがなくなってポジティブな気持ちになりやすいということです。部屋をきれいにして環境を整えることで、気付かないうちに日々の生活が快適になるのではないでしょうか。

小さなタスクを毎日遂行することで自信がつく

「自分に自信を持て」とはよく言いますが、案外簡単なことではありません。しかし、充実した人生にするためには自信を持つのはとても大切なことです。自信を持つことで精神的余裕が生まれ、新しいことや難しいことにも積極的に取り組めるようになります。また雰囲気や振る舞いが明るくなり、周りにも良い印象を持たれやすくなります。
自分で決めた小さなタスクを毎日遂行することは自信を持つための1つの手段とされています。ベッドメイクそのものは決して難しいことではありませんが、毎日継続しようと思うとそれなりの根気が必要です。ベッドメイクを毎日続けることで、他のことにチャレンジするときにも「きっとできる」という自信が湧いてくるのではないでしょうか。

二度寝しにくくなるため充実した1日になる

目覚ましが鳴ってベッドから出ても、時間があるとついベッドに戻ってゴロゴロしてしまう…という人は少なくないのではないでしょうか。一度ベッドに戻ると、そのままついダラダラと過ごしてしまいがちなものです。「少しだけ」と思っても、なかなかそうはいきません。そのため、充実した1日にしたいのであれば朝にスッキリと目覚めることはとても大切です。
そして、ベッドメイクはベッドに戻るのを防ぐために非常に効果的です。朝起きたときのままのぐちゃぐちゃなベッドだとつい潜り込みたくなりますが、ベッドメイク後のピンと張られたシーツを乱すのは少々気が引けますよね。またシワひとつないベッドを見ただけで、気持ちも引き締まるはずです。

朝にベッドメイクする人は幸福度が高いという研究も

ベッドメイクと幸福度との関係を調査した研究では、朝のベッドメイクを習慣化している人の71%は自分は幸せだと感じており、ベッドメイクの習慣がない人の62%は幸せを感じていないという結果が出ています。さらに、部屋が散らかっている女性はストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールの値が高いという研究結果も発表されました。
このような研究結果があることからも、幸福感を得るためにベッドメイクには一定の効果が期待できるといえます。今の生活に満足していない、人生をより豊かなものにしたいと考えているのであれば、朝のベッドメイクを始めるのは良い一歩だといえるのではないでしょうか。

ベッドメイクのポイント4選

pixta_3444942_S

初めてベッドメイクを行うと、なかなか思ったようにきれいに仕上げられないかもしれません。そこで、ここでは初めてベッドメイクに挑戦するときに押さえたいポイントを4つご紹介します。

アンダーシーツ&アッパーシーツはシワのない状態に

ベッドメイクの基本は、シーツにシワを寄せないことです。アンダーシーツとアッパーシーツを敷くときには、しっかりと力を入れてシワを伸ばしましょう。なお、ホテルで客室清掃を行う人の中にはアンダーシーツとアッパーシーツを同時に敷く人もいます。まとめてシーツを敷くことで時短できるので、できるだけ短時間で仕上げたいという人はぜひ試してみてください。

シーツと毛布は左右均等に

シーツや毛布を敷くときにはつい真上から確認してしまいがちですが、左右均等になるように置くことも大切です。一番最初に、きちんと真ん中に置けているかを確認しましょう。特に毛布は左右非対称だと後からベッドを見たときに気になってしまいがちで、またベッドに入ったときにずれてしまうこともあります。面倒くさがらずに、しっかりとチェックするようにしましょう。

シーツや毛布、枕カバーの表面を整える

シーツや毛布、枕カバーなどは、シワが残らないように手で整えましょう。このひと手間を加えるだけで、ベッドメイクの仕上がりが格段に良くなります。なお、枕をメイクするときには枕カバーの端をただ折るのではなく、内側に入れ込むようにしましょう。こうすることで、よりきれいにメイクすることができます。

中腰にならない

最後に、毎日のベッドメイクで腰を痛めないためには中腰にならないことが大切です。しっかりとしゃがんで、腰に負担がかからない状態でベッドメイクを行いましょう。特に普段から腰痛持ちの人は、常に姿勢を意識するようにしてください。

きちんとベッドメイクをして快適な毎日を

自宅ではベッドメイクをする義務はないため、ベッドが散らかったまま家を出るという人は少なくないと思います。しかし、ここでご紹介した通りベッドメイクにはメリットがたくさんあります。朝のベッドメイクを習慣にするだけで、思った以上に人生が変わっていくはずです。快適な毎日を送るためにも、ぜひ明日から朝のベッドメイクを始めてみてはいかがでしょうか。