TERAMOTO くらしとterakoyaコラム

プロが使う床掃除の道具とは。モップなど業務用の拭き掃除の用具一覧
2019.09.20 業界コラム

Plastic bucket with cleaning supplies on wood background

プロの床清掃は、一般家庭の掃除とは品質や使う道具が大きく異なります。今回は、プロならではの床掃除のこだわりやコツについてまとめました。また床掃除に役立つテラモトの「FXライトブレードラーグ」の特徴についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

プロの床掃除のこだわりとコツ、清掃道具

pixta_25473642_S

プロの床掃除には、様々なこだわりやコツがあります。まずは、清掃のプロの掃除の仕方を清掃道具ごとに紹介します。

フロアーモップ

フローリングの掃除に欠かせないのが「フロアーモップ」です。掃除しやすいフローリングですが、少し汚れがあるだけで目立ってしまうのがデメリット。そのため、きれいな状態を保つためにはフロアーモップでこまめに汚れを取り除くことが大切です。

雑巾

フロアーモップで床掃除をしていると、なかなか落とすことのできない頑固な汚れに直面することがあります。そのようなときは、その部分だけピンポイントで雑巾がけをします。そのときに雑巾の代わりにスポンジなどを使っても構いません。水と中性洗剤を半々で割った液体を含ませて水拭きすることで、汚れをきれいに落とすことができます。

掃除機

そして、最後に掃除機です。いきなりフローリングに掃除機をかける人もいますが、これは効率的に汚れを落とすことはできません。床に溜まっていたホコリが、掃除機の排気によって空気中に舞い上がってしまうのです。掃除機がけは、必ずフロアーモップと雑巾がけの後に行いましょう。
掃除機がけをするメリットは、溝に入り込んでしまった汚れを吸い取ることができるということです。日々の掃除はフロアーモップだけでも十分ですが、最低でも週に1回は掃除機をかけるときれいなフローリングを保つことができます。

プロ清掃の負担を軽減。テラモトの「FXライトブレードラーグ」のこだわり

エプロン姿の女性・白バック

完璧にこなさなければいけないプロの床掃除は、自宅の清掃と比べるとかなりの負担が大きいです。その負担を軽減するためにプロが使う道具にはさまざまな工夫がこらされています。テラモトが販売している業務用のモップ「FXライトブレードラーグ」を例に具体的なポイントを紹介します。

極薄ヘッドで狭い場所も簡単に拭き上げ可能

「FXライトブレードラーグ」は極薄ヘッドのため、ベッドの下などの狭い部分でも簡単に拭き上げることができます。狭い隙間を軽い力でしっかりと掃除できるため、清掃時に身体に負担がかかりません。

2種類の繊維があるから洗剤いらず

ソフト&ハードの2種類の繊維が、皮脂やホコリなどの汚れを余すことなく絡めとります。そのため、洗剤を使わなくてもすっきりと清掃でき、業務の効率化も図れます。

立ったままラーグを外せるお手軽さ

ヘッドの両端がくぼみ形状となっており、立ったままでもラーグを外せます。また、ヘッドとラーグは面ファスナーで着脱できるため余計な手間がかからないのが大きなメリットです。

軽い拭き心地でから拭き・水拭きを効率化

FXライトブレードラーグは軽いため清掃員に多い高齢者や女性でも身体に負担がかからず、さらにソフトグリップ付きなのでしっかり握れます。また伸縮ジョイントは強度が強いため、作業中に縮んでしまうこともありません。このように扱いやすい仕様になっているため、日々のから拭きや水拭きを大きく効率化できます。

テラモトの「FXライトブレードラーグ」で効率的に床掃除を

プロ清掃において、床掃除は基本中の基本です。しかし、短時間で隅々まできれいにするのは決して簡単なことではありません。そこで役に立つのが、テラモトの「FXライトブレードラーグ」。清掃スタッフの負担が軽くなるようにこだわって開発されたFXライトブレードラーグなら、楽々床掃除を終えることができます。より効率的に床掃除をしたいと考えているのであれば、ぜひFXライトブレードラーグを試してみてはいかがでしょうか。